リンク集

墓石工房 小山石材
墓石工房 小山石材

福山本店
福山本店

三原店
三原店


スタッフブログ


スタイリッシュ雑貨
モダンインテリア
デザイナーズ家具
ANUE


呉市吉浦町の造り酒屋
水龍

神棚・仏壇ガイド

街リンク

なび広島

仏壇屋.COM

全国仏壇店ネット

いい仏壇.com

HOME»  コンテンツ»  ■ 白檀

■ 白檀







今日は白檀のお話をさせて戴きますね ニコちゃん









原産地はインド。

紀元前5世紀頃にはすでに高貴な香木として使われていた。

産出国はインド、インドネシア、オーストラリアなど。

太平洋諸島に広く生息するが、ニュージーランド、ハワイ、フィジーなどの白檀は香りが少なく、

香木としての利用は少ない。

特にインドのマイソール地方で産する白檀が最も高品質とされ、

老山白檀という別称で呼ばれる。


雌雄異株で周りに植物がないと生育しないことから栽培は大変困難で、

年々入手が難しくなっており、インド政府によって伐採制限・輸出規制が掛けられている。



心材は濃い色をしており香りも強く、

辺材になるほど白っぽく香りも少なくなる。

芳香は樹脂分ではなく、精油分に由来する。

また白檀は、香木としてそのまま用いられるだけでなく、

蒸留して取られる白檀オイルの主成分サンタロールには、

殺菌作用、利尿作用の薬効成分があると言われ、

薬用にも広く利用される。

また、気分の薬として胸のつかえをとり、爽快感を与える。



沈香とは違って熱を加えることをしなくても十分に芳香を放つため、

置物である仏像、仏教儀式に欠かせない数珠等の仏具をはじめとして、

日本では扇子の骨に使ってあおぐことで香りを発散させたり、

匂い袋の香料の一つに利用するなど、身近なところで多種多様に使われている。

線香の原料の中では最も一般的である。



仏教がインドから中国に伝播するにつれ、中国でも仏教儀式に白檀が多く使われるようになった。

日本には、仏教とともに中国から伝来したとされる。





 白檀の木



左はアロマ。右は線香。ともに白檀配合。


 白檀で出来た数珠。


 白檀で出来た阿弥陀如来像。