リンク集

墓石工房 小山石材
墓石工房 小山石材

福山本店
福山本店

三原店
三原店


スタッフブログ


スタイリッシュ雑貨
モダンインテリア
デザイナーズ家具
ANUE


呉市吉浦町の造り酒屋
水龍

神棚・仏壇ガイド

街リンク

なび広島

仏壇屋.COM

全国仏壇店ネット

いい仏壇.com

HOME»  コンテンツ»  ■ 数珠について

■ 数珠について



今日は数珠についてのお話です ニコちゃん







仏を念ずる時に用いる珠との意味から「念珠」(ねんじゅ)とも呼ばれます。





~ 起源 ~

起源は諸説ありますが、古代インドのバラモン教で用いられていた道具が原型といわれています。
それが、釈尊により用いられ、後に中国に伝わり、
仏教伝来とともに飛鳥時代には日本に伝わったといわれています 誕生仏
鎌倉時代に入り、浄土教が流行し称名念仏が盛んになるとともに一般にも普及しました。





~ 玉数 ~

私達が使っている数珠の玉数は108つが基本ですが持ちやすくする為に
半分の54玉や、その半分の27玉、108にちなんで18玉などがあります。
また最近では、伝統的な数にこだわらず、
仕上がりの輪の大きさ(手の大きさ)に合わせて22玉や20玉、25玉などで制作したものがありますお坊さん

※ 名称には、「玉」の字以外にも「珠」の字も用いられます。本文では「玉」で統一します。





~ 形状 ~

丸玉 ・・・・・。
一番に多く見られる、球形の玉のことです。

みかん玉 みかん
丸玉を円周方向へ少しつぶしたような形です。
丸玉に比べ数珠に仕立てたときに、輪の大きさに対し珠を大きくすることができるため、肉厚で重厚な仕立てにできます。

平玉 そろばん
みかん玉をより扁平にした玉です。
そろばん玉とも呼ばれます。





~ 各名称 ~






















ペタしてね